ナルシマ の
家づくり

ナルシマホームの結論
地震に強くて安心快適な家、「JWOOD&Nパネル工法」

「JWOOD-Nパネル工法」とは、耐震性に優れ、狂いの少ない強靭な「JWOOD LVL材」を専用金物でジョイントし、さらに「LVL材」の箱枠に高性能断熱材を配置したオリジナル仕様のパネルを組み合わせることで、地震に強く、高気密高断熱を実現する、当社が得意とする工法で多くのお客様に喜んで頂いている実績があります。材料と工法を知り尽くした確かな技術で、大手ハウスメーカーにもひけをとらない最高水準の耐震性能と快適な住まいを実現します。

日本人に馴染みが深く、プランニングにおいて自由度の高い木軸在来工法。その柱と柱の間に、強度を兼ね備えた断熱パネルを組み込み、より強靭で快適な住まいが実現します。パネルは全て工場で組み立てて搬入されるため、精度が高く、従来に比べて工期の短縮につながります。

これがナルシマホームが選んだ地震に強い「J-WOOD工法」

強くて気密性の高い当社オリジナル仕様のNパネル工法

強度と耐震性に優れた高性能パネル

J-WOOD LVLの柱間に、LVL枠のパネルを組み込むことによって、従来の構造用合板を単に軸組みの構造材の上から釘で止める工法とは比較にならないほど大きな強度がうまれます。壁面の施工と同時に断熱施工も完了。工程の短縮とともに、高気密・高断熱の外部の温度や湿度の影響をうけにくい魔法瓶のような家を実現します。室内の上下間や廊下と居室との温度差を解消するばかりではなく、省エネルギーや冷暖房費の節約という点でもうれしい効果をお届けします。

枠組の構造材の中にLVL枠材と構造用合板で製作されたパネルを組み込むもので、升の中に升を入れたような「入れ子」と同じような構造になり、耐震性と耐久性能を確保できるパネル構造を実現。

高精度・高品質

工場生産で1㎜単位の精度管理を行い、1棟毎にオーダーメイド生産。また、枠材に3㎜の欠き込み加工をし、断熱材を隙間なく充填します。これにより気密性が高まり、結露しにくい構造となります。

最高クラスの断熱性能

Nパネルの断熱材はフェノバボードを使用。フェノバボード(積水化学工業)は、トップクラスの断熱性能を誇り、経年劣化の少ない安定した断熱材です。熱伝導率は0.019w/mkと国内最高ランクで、冷暖房効率を高め省エネ効果を発揮します。

一年中快適な空間

「気密性が高い」ということは空気の漏れが少ないことであり、室内の空調によって調節された暖かい空気、冷たい空気が空気が逃げません。
また、空気が漏れにくい=防音効果も高く、外部の騒音の侵入や部屋内の音漏れを軽減する事ができます。

 
 

優れた耐震性能

パネルの外壁側板材はノボパン STP Ⅱを使用。国土交通大臣認定を取得した9mm厚パーティクルボードの構造用耐力面材です。パーティクルボードは耐力面材に求められる、せん断性能が優れています。そのため、木造軸組工法(大壁)で2.9倍、枠組壁工法で4.7倍という高い壁倍率を取得。パーティクルボードの特性を活かすことで、地震や台風に強い家をつくることができます。

確かな品質と技術で、ナルシマホームは地震に強く快適な家をつくります。